はしごとツタ

    From Minecraft Parkour Wiki
    This page is a translated version of the page Ladders and Vines and the translation is 100% complete.
    Other languages:
    はしご(左)とツタ(右)

    はしごは、登れる特性のある特殊ブロックである。

    ツタはBeta1.8で追加された、同じ特性をもつが当たり判定がないブロック。


    Minecraft Wikiの関連項目:


    操作

    はしご系のジャンプをする際には、ジャンプの最後でスニークしてはしごを掴む必要がある。

    スニークが遅すぎるとはしごを掴めず、早すぎるとはしごに届く前に速度が落ちてしまうので注意。



    当たり判定

    はしごは厚さ2ドットの当たり判定がある。

    はしごとツタは、付いている壁から1ドット離れた、平らなテクスチャとして表示される。

    • 実際には、はしごは厚さ2ドット(0.125b)、高さ1マス、幅1マスの当たり判定がある。
    • 対して、ツタには当たり判定がなく、通り抜けられる。



    性質

    エンティティは、座標が赤い範囲内にあるとはしごの影響を受ける。

    座標がはしごの影響範囲内にあると、垂直方向の動きが2通りの影響を受ける:

    • 何らかの壁に衝突しながら動くと、0.1176 b/t(0.12×0.98)の速度でその壁を登る。
    • スニーク中は落下しなくなる。


    水平方向の動きも影響を受ける:

    • 水平方向の速度(X/Z)の上限が0.15 b/tになる。
    • 垂直方向の速度(Y)の下限が-0.15 b/tになる。




    変更点(1.9以降)

    • 1.9で当たり判定が1ドット厚くなり、バウンディングボックスの厚みがトラップドアと同じになった(3ドット、0.1875b)。
    • 1.14ではしごとツタをジャンプキーを押すだけで登れるようになり、ジャンプの体感難易度が下がった。