ジャンプ

From Minecraft Parkour Wiki
This page is a translated version of the page Jumping and the translation is 100% complete.
Other languages:

ジャンプは、言わずと知れた、極めて重要な仕組みである。


発動

ジャンプするには、その前のtickで地面に立っている必要がある。ブロック縁からでも1tick走って(例:ずらし)ジャンプできるのはこのためである。

ジャンプキーを押し続けていると、10tick(0.5秒)ごとに1回ジャンプできる。

  • 各ジャンプの高さが0.75b以上の場合、ジャンプキーを押し続けるのは最適ではない(結果: ブロックを積み上げる時は押し直しの方が速い)。
  • ジャンプキーを離すとクールダウンがリセットされるため、その次tickで再度ジャンプできる。

ジャンプすると、垂直方向の速度が0.42に設定される。その後毎tick、速度は0.08減少(重力)の後、0.98倍(空気抵抗)される。

  • 天井にぶつかると、垂直方向の速度が0に設定され、すぐに落下し始める。
  • 地面にぶつかると、垂直方向の速度が0に設定され、onGroundフラグがtrueになる。

水/溶岩の中でジャンプすると、上方向に移動する。


ジャンプの高さ

1.8以前はジャンプの最高点は1.249b。1.9で約0.003b上昇し、1.252bの高さまでジャンプできるようになった。

平らな地面では、1ジャンプの滞空時間は12tick(0.6秒)。


速度

ダッシュと組み合わせた場合、ジャンプすると向いている方向に0.2の加速度が得られる。

空中では、加速は遅くなるが(基本加速度の20%のみ)、より多くの速度が保持される(毎tick、地面での54.6%に対し91%)。

そのため、ダッシュジャンプは速度を高め、保持するのに非常に効率的な方法となっている。


ソースコード

以下はジャンプがどのように発動しているかに関するコード。
/* EntityLivingBase.javaから、無関係なコードは削除 */
public void onLivingUpdate()
{
    if (this.jumpTicks > 0)
        --this.jumpTicks;

    if (this.isJumping)
    {
        if (this.isInWater())
            this.handleJumpWater(); //motionY += 0.04

        else if (this.isInLava())
            this.handleJumpLava();  //motionY += 0.04

        else if (this.onGround && this.jumpTicks == 0)
        {
                this.jump();
                this.jumpTicks = 10;
        }
    }

    //ジャンプキーを離すと10tickのクールダウンがリセットされる
    else
        this.jumpTicks = 0;
}


/* EntityLivingBase.javaから */
protected void jump()
{
    this.motionY = 0.42; //初速

    //跳躍力上昇の適用
    if (this.isPotionActive(Potion.jump))
        this.motionY += (this.getActivePotionEffect(Potion.jump).getAmplifier() + 1) * 0.1F;

    //ダッシュジャンプのブーストの適用
    if (this.isSprinting())
    {
        float f = this.rotationYaw * 0.017453292F; //pi/180をかけてラジアンに変換
        this.motionX -= MathHelper.sin(f) * 0.2F;
        this.motionZ += MathHelper.cos(f) * 0.2F;
    }
}